ここから本文です

利用歴10年主婦が選んだ「980円レジかごバッグ」7月レジ袋有料化

5/23(土) 10:45配信

LIMO

いよいよ2020年7月からレジ袋有料化が本格スタートします。これを機にエコバッグ購入を検討されている方も多いと思います。どうせエコバッグを買うなら、手間も時間も節約できる「レジかごバッグ」、しかもコストもデザインも秀逸なものにしませんか? レジ袋有料化の概要と、レジかごバッグのメリット、そして選び方のコツを、レジかごバック利用歴10年の主婦Aさんから伺いしました。

いつから本格有料化?

経済産業省「プラスチック製買物袋有料化 2020年7月1日スタート」によると、プラスチックの過剰な使用を抑制するために、2020年7月1日より全国でプラスチック製買物袋、つまりレジ袋の有料化を行うとあります。

レジ袋有料化をすでに実施しているスーパーマーケットもあります。イオン「4/1(水)全国の「イオン」直営全売場で『レジ袋の無料配布終了』」によると2020年4月1日から、Mは2円、Lは3円、LL・3L・4Lは5円と有料化されています。西友はさらに先駆けて、2012年7月からLサイズ3円、Mサイズ2円で販売しています。

スーパーマーケットだけでなく、ドラッグストアでもレジ袋有料化をしているところもあります。ココカラファイン「SDGs(持続可能な開発目標)の推進 2020年4月1日より レジ袋を完全有料化いたします」によると、30号3円、60号:5円、特大:10円とすでに有料化されています。

レジ袋が有料化されるなら、マイバッグを持参しようと思います。マイバッグの買い換え・新規購入を考えている方、どうせ買うなら普通のマイバッグから一歩進んでレジかごバッグにしてみませんか? 

レジかごバッグならではのメリットは?

レジかごバッグとは、スーパーの買い物カゴにぴったり収まるバッグのことです。店員さんが買い物カゴにはまったレジかごバッグにプロの技できちっと詰めてくれます。なんといってもそのメリットは、時間と手間が大幅に節約できることです。その流れの違いは下記の通りです。

 レジかごバッグなしでの買い物

レジで会計をする→エコバッグ等に「自分で」詰める

 レジかごバッグがある買い物

レジかごにレジかごバッグを掛けるor店員さんに渡す→「店員さんが」詰めてくれる→かごから外して持ち帰る

会計の後の袋詰めの作業が減ると、時間も手間も節約でき、一度やったらやめられません。隙間なく、重いものは下に、軽いものは上に上手に詰めてくれるのもメリットです。レジかごバッグ利用歴10年の主婦Aさんは、スーパーマーケットに行くたびに「どうしてみんなレジかごバッグを使わないんだろう?」と思うそうです。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 10:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事