ここから本文です

自粛解除の独自基準「大阪モデル」黄信号の条件が変更

5/23(土) 22:06配信

ABCテレビ

自粛解除の独自基準「大阪モデル」について、府民に注意を呼びかける際の条件が変更されました。

「大阪モデル」をめぐっては、いずれも1週間の平均値で「1.感染経路不明者が前の週に比べて増加すること」、「2.感染経路不明者が5人を超えること」、「3.陽性率が7%以上」となることのうち、1つもしくは2つを満たせば、黄色の信号を点灯し、府民に注意喚起することになっていました。しかし、新規の感染者が減少傾向にあるなか、感染経路不明者がわずかでも確認されることで1つめの基準を満たすおそれがあり、実態にそぐわないことから、府は運用を変更することになりました。今後は「1.感染経路不明者が前の週に比べて増加すること」のみが基準を満たしても、黄色の信号は灯さず、現在の緑色を維持するということです。23日、大阪府で新たな感染者は確認されず、全ての基準をクリアしたため、引き続き緑色の信号が灯っています。

ABCテレビ

最終更新:5/23(土) 22:06
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事