ここから本文です

黒川検事長、賭けマージャン3年前から…「点ピン」レートでやり取り1万~2万円

5/23(土) 7:18配信

読売新聞オンライン

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下に賭けマージャンに興じていたとして、22日の閣議で辞職が承認された黒川弘務・東京高検検事長(63)について、法務省が同日に公表した調査結果では、黒川氏が3年前から月1、2回の頻度で賭けマージャンを繰り返していたことが明らかになった。調査結果は、黒川氏から週刊文春の報道内容を確認した範囲にとどまるが、同省はこれ以上の調査は行わないとしている。

 調査結果によると、黒川氏は緊急事態宣言下の5月1日頃、東京都内の産経新聞記者の自宅で、別の産経記者と朝日新聞社員の元記者とともに賭けマージャンに興じ、13日頃にも同様に賭けマージャンをしていた。

 いずれも「点ピン」と呼ばれる1000点100円のレートで、参加者の間で1万~2万円の現金をやりとりしていた。黒川氏は両日とも産経記者が手配したハイヤーに同乗し、帰宅したという。産経記者2人と朝日社員は、いずれも黒川氏の取材を担当したことがあり、旧知の間柄だった。調査では、5月の2回以外の日付は特定できなかったとしている。

 22日午前の衆院法務委員会では、山尾志桜里衆院議員の質問に答える形で、法務省が調査内容を説明。調査は19日に始まり、辻裕教(ひろゆき)同省次官が面談や電話で複数回聴取したという。

 川原隆司刑事局長は、賭けマージャンのレートについて「社会の実情から必ずしも高額とは言えない」と説明。黒川氏は賭けマージャンを繰り返していたが、常習性についても「認められない」とした。

 刑法の常習賭博罪の「常習性」は頻度のほかにレートや賭博の種類などが総合的に判断される。同省幹部は取材に対し、「マージャンは一般的に娯楽とされ、レートも高額でないことが考慮された」と話した。

 一方、森法相は22日午前の記者会見で、黒川氏を懲戒に満たない訓告処分とした経緯について、任命権者の内閣が決めた上で、処分権者の稲田伸夫検事総長に伝えたと説明した。

最終更新:5/23(土) 20:35
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事