ここから本文です

【公式全文】ウェルメイド側、女優イ・ソンビンの主張に再び反発「清算書と専属契約書を公開する意思がある」

5/23(土) 11:31配信

WoW!Korea

女優のイ・ソンビンと専属契約の紛争を起こしている「ウェルメイドスターENT」が、清算書と専属契約書を公開する意思があることを明らかにした。

イ・ソンビンのプロフィールと写真

「ウェルメイドスターENT」の法律代理を務めている法務法人「ピョンサン」のパク・チョンヒョク弁護士(以下、ウェルメイド側)は23日報道資料を通じてイ・ソンビンに反論した。

これに先立ち、ウェルメイド側は2016年に専属契約を締結し、現在専属契約期間中にいるイ・ソンビンが事務所に一方的に契約開所通告をし、専属契約に違反した独断的な芸能活動を続けていると主張した。

イ・ソンビン側もウェルメイドの主張に反発し清算資料の妖精を拒否し目次的に契約解除を認めたと述べた。

イ・ソンビンは23日に初回放送されるOCNドラマ「番外捜査」にカン・ムヨンプロデューサー役で出演し、映画「消えた時間」(監督:チョン・ジニョン)、「ミッション・ポッシブル」(監督:キム・ヒョンジュ)、「オーケイ! マダム」(監督」イ・チョルハ)の後悔を控えている。

以下、ウェルメイドの公式表明全文

こんにちは。俳優イ・ソンビンの所属事務所株式会社ウェルメイドスターENT(代表:ソ・サンウク、以下事務所)の代理を務める法務法人ピョンさんのパク・チョンヒョク弁護士です。

事務所は2020年5月21日付の事務所の公式表明に対して以下の通り立場を表明します。



1.事務所がイ・ソンビンの清算資料など提供要請を拒否したという主張に関して

事務所はイ・ソンビンが要請する清算資料の提供を拒否した事実はなく、該当清算資料はイ・ソンビンがこれを再度要請した約2年前に、その内訳をすべて確認して清算書に署名した資料であり、イ・ソンビンは同じ内容を告訴する過程でも数回主張を覆すなど清算資料の提供要請は契約解除を要求するための強引な主張でした。

2.事務所がイ・ソンビンの芸能活動を妨害しマネージャーを不当に待遇したという主張に関して

事務所は契約相手の企業と関連したマネージャーの不適切な行動があり、これを是正するための処置をしたものであり、事務所が成長している所属芸能人の活動を妨害する理由はまったくありません。

3.事務所がイ・ソンビンの是正要求を拒否し、イ・ソンビンの解除通知に対して何の反発もしないなど契約解除を認めたという主張に関して

イ・ソンビンの要求は初めから強引な要求で、事務所はイ・ソンビンの主張が間違っていることを詳しく説明し、事務所は依然としてイ・ソンビンを所属俳優として搭載するなど、契約を維持しようとしたが、イ・ソンビンは事務所の連絡を受けず、インターネットのポータル会社に所属事務所の削除を要求するなど、契約履行を拒否しました。

4.事務所がイ・ソンビンを専属契約書の偽造で告訴し、その過程で「イ・ソンビンと専属契約を締結した事実はない」と述べたという主張に関して

イ・ソンビンが事務所に専属契約解除を要求する過程で、事務所代表の署名を盗用した偽造された専属契約書を使用し、事務所は偽造された専属契約書が使用されるなど深刻な問題が発生したのでこれを是正するための措置を取り、イ・ソンビンに“偽造された専属契約書の使用”を問題視しただけでイ・ソンビンに“専属契約書を偽造した”と主張した事実はありません。

イ・ソンビンが使用した専属契約書は事務所の代表理事ではない他の人物が作成した事実は確認されましたが、偽装した理由が明らかにならず処罰がされなかったのです。

5.事務所はイ・ソンビンに専属契約を違反した不法な状況を改善するように自発的な措置を要求したが、イ・ソンビンがこれを拒否しているのです。

事務所と俳優の間の専属契約は守らなくてはいけないものです。事務所はイ・ソンビンが専属契約に違反行為を自発的に是正し、円満な問題解決になるよう最善を尽くしましたが、イ・ソンビンがこれを最後まで拒否すれば事務所はこれを正すために民事・刑事上の措置を取るしかありません。

また、事務所はイ・ソンビンが同意すれば、イ・ソンビンが問題を提起する該当清算書とイ・ソンビンが使用した問題がある専属契約書を公開し、その問題点を詳しく説明する意思があることをお知らせいたします。ありがとうございます。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

最終更新:5/23(土) 11:31
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事