ここから本文です

【眠れる巨人の目覚めはいつ?】マクラーレン復活への道のり チーム代表にインタビュー 前編

5/23(土) 18:50配信

AUTOCAR JAPAN

突然の停滞

昨シーズンの好調と新たな方向性、才能豊かな若手ドライバー、そして2021年シーズンからの新たなパワーユニット(PU)供給契約がもたらす余勢を駆って、マクラーレンは2020年のF1シーズン開幕を迎えるはずだった。

【写真】2020年シーズン 各チームのマシン (10枚)

彼らはトップチームへの復帰を果たす途上にあったのだ。

2021年シーズンからのさらなる飛躍に向け、今年は最後のピースを見つけ出すシーズンになる予定だった。

だが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、世界中の多くのひとびとと同じく、彼らの計画は停滞を余儀なくされている。

新型コロナウイルス感染が世界に広がり始めた今年3月中旬頃、シーズン開幕戦となるオーストラリアGPの開催に向けた努力が進むなか、英国サリー州ウォーキングに拠点を置くマクラーレンF1チームは、自らがこのモータースポーツにおけるウイルス感染拡大の中心であるという事実を突き付けられていた。

アルバート・パーク・サーキットのパドックで作業にあたる予定だったチームスタッフがウイルス検査で陽性となったことで、チームはレースからの撤退を表明したが、結果的に練習走行開始の数時間前という突然のタイミングでレースそのものがキャンセルされている。

英国へと帰国したマクラーレンF1チームだが、以来ほとんどの作業が停滞したままだ。

重要なのは危機を乗り越えること

それでも、チームスタッフ全員が無事メルボルンから帰国するとともに、健康であるというのはマクラーレンにとって良いニュースと言えるだろう。

一方、昨シーズンからの良い流れが断ち切られ、復活に向けた計画が進められないというのは悪いニュースに違いないが、それでもチーム代表のアンドレアス・ザイドルは希望を失っていない。

「いまもっとも重要なのはこの危機を乗り越え、チームとして、そしてF1として生き残ることです」と、彼は言う。

「そうすれば、今後数カ月から数年にかけて、トップチームに返り咲くための具体的な計画に着手することが出来るようになります。いまは皆が停滞を余儀なくされているのであり、この危機を克服できれば、直ぐに前進する勢いを取り戻すことが出来ると信じています」

世界耐久選手権に参戦するポルシェ・チームで監督を務めていた44歳のドイツ人は、昨年5月にマクラーレン入りして以来、この名門チームの復活に向け重要な役割を果たしてきたのであり、マクラーレン・レーシングCEO、ザク・ブラウンのもとでサーキット内外のすべてを管理している。

1/3ページ

最終更新:5/23(土) 18:50
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事