ここから本文です

ジェラードがリヴァプールを去ってから5年 盟友たちの現在は?

5/23(土) 19:20配信

SOCCER KING

 元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードがリヴァプールの選手として最後にピッチに立ったのは、2015年5月24日だった。18歳でトップチームデビューを飾り、23歳の若さでキャプテンに就任。カップ戦3冠(2001-02シーズンにFAカップ、リーグカップ、UEFAカップを制覇)やイスタンブールの奇跡を経て、クラブの英雄に留まらず、“街の象徴”と呼ばれるまでの存在となったジェラードがリヴァプールに別れを告げた。

 あれから5年。ジェラードはスコットランドのレンジャーズで監督を務めているが、彼と共にアンフィールドを沸かせたチームメイトたちは、どのようなキャリアを送っているのだろうか。今回は“ジェラードの盟友たち”の今を紹介する。

※カッコ内は(現年齢/国籍/リヴァプール在籍期間)。生え抜き選手はトップチームの在籍期間を示す
[写・真]=Getty Images

▼GK ペペ・レイナ(37歳/スペイン/2005-2014)

 GKの中でジェラードと最も多く共演した。リヴァプールに加入した2005-06シーズンのFAカップ決勝では、PK戦で相手のキックを3本阻止して優勝の立役者となった。ジェラードから次期キャプテンに推されたこともあったが、2014年にバイエルンへ移籍。今年1月にミランからのレンタルでプレミア残留を目指すアストン・ヴィラに加入した。アストン・ヴィラはリヴァプールとの対戦を残しているため、プレミアリーグが再開されれば7年ぶりにアンフィールドのピッチを踏むことになりそうだ。

▼DF ジェイミー・キャラガー(42歳/イングランド/1996-2013)

 ユース時代から2013年に現役を退くまで一度も移籍することのなかった“Mr.リヴァプール”。世界中の誰よりもジェラードと同じピッチに立ち、イングランド代表を含めれば570試合も共闘した。寡黙なジェラードと大声でチームメイトを叱咤激励するキャラガーは、互いを補い、高め合う関係だった。引退後のキャラガーは解説者として活躍するほか、自身の名を冠したアカデミーも運営。チャリティー活動にも積極的に参加している。

1/4ページ

最終更新:5/23(土) 19:20
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事