ここから本文です

toto「年間順位予想」など新たなくじの導入検討

5/23(土) 5:00配信

日刊スポーツ

スポーツくじ(toto)が、既存くじの他に「単一試合の投票」と「Jリーグ年間順位予想」の新たなくじの販売を検討している。新型コロナウイルスの感染拡大で発売を中止していたtotoは、23日からドイツ・ブンデスリーガを対象に販売を再開した。Jリーグ再開日は29日に決める予定。新たなくじは2022年シーズンからの販売を見通す一方、早ければリーグ再開に合わせて開始する。

   ◇   ◇   ◇

くじの選択肢が増えそうだ。既存のtotoやtotoビッグなどの他に、新たに1試合だけの予想、年間順位を予想するくじの販売を検討している。

(1)単一試合の投票 対戦カードを1つ決めて、勝ち負け引き分けを予想するもの。1つの投票に選択肢は3つしかないだけに当然、配当金は低くなるはずだが、当せん確率が高いだけに、totoに慣れないファンも気軽にくじを楽しむことができる。

(2)Jリーグ年間順位予想 J1、J2、J3のリーグ戦が対象となる。仮に今季から販売が始まれば、リーグ戦が再開される前に購入する。リーグ戦が終了する予定の12月で最終結果が出ることになり、年末まで楽しみが続く。

新しい発想の2種類の新企画くじは、J中断中に発案され、検討を重ねている。Jリーグ関係者は「実現すれば、サッカーファンの関心も高まると思うし、新規のファン獲得にも大きなプラスになるはず。新たなファン層ができれば、スポンサーも喜ぶと思う」と期待した。

新型コロナ禍で、販売を中断しているtotoは、23日からブンデスリーガを対象に販売を再開する。身近なJリーグが再開すると、その関心はさらに高まるはず。2022年シーズンからの販売を見越す声もあるが、議論が進めばリーグ戦再開に合わせて始まる。収入の多くがスポーツ振興に充てられるだけに、スポーツ界にとって、大きなプラスになる。

最終更新:5/27(水) 20:20
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事