ここから本文です

阪神矢野監督「ショウ(勝笑)タイムで戦っていく」

5/23(土) 15:31配信

日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督(51)が、集合練習初日となった23日、あらためて野球ができることに感謝した。練習後、オンライン取材に応じ「野球がやれない時間が長かったので、こうやって全員で集まって、ユニホームを着て、甲子園でやれるありがたさ、みんなそろってやれるうれしさ。そんな感じでしたね」とこの日を迎えた心境を語った。

【写真】集合練習を前に矢野耀大監督の話を聞く選手たち

練習前には野球をやれることへの感謝の思いを選手に伝えたという。「この期間にいろいろ感じとることがそれぞれあったと思う。甲子園で野球やれることは当たり前じゃない。また、高校生が甲子園で野球をやりたい気持ちが強い中で、できない。でも俺らは本拠地でやらしてもらえる。そういうのが当たり前じゃないんで。そういうものをみんな感じ取れて、俺らは開幕前に日本一と決めて、それだけじゃなくて、It's 勝笑(しょう) Time!というスローガンで俺らは1年戦っていくし、そういう姿を見せていこうという話をさせてもらいました」と語っていた。

最終更新:5/23(土) 15:55
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事