ここから本文です

ワウリンカがサプライズプレゼントされた、文字通り「甘い」トロフィー

5/24(日) 11:00配信

THE TENNIS DAILY

本来なら今週行われている予定だった「ATP250 ジュネーブ」。今年は新型コロナウイルスの影響のため行われていないが、ATP(男子プロテニス協会)が、過去に同大会がスタン・ワウリンカ(スイス)へ贈ったサプライズプレゼントについて振り返っている。

【実際の写真】サプライズプレゼントされた「甘い」トロフィー

ワウリンカは「ATP250 ジュネーブ」が行われているスイスの出身。彼は2016年に「ATP250 ジュネーブ」で初優勝し、更に「全米オープン」でも初優勝を飾っていた。そこで「ATP250 ジュネーブ」の主催者は、その年のオフシーズンにあるサプライズプレゼントを贈った。

それはチョコレートで作った「全米オープン」のトロフィー。スイスはチョコレート大国としても知られている。このチョコレートトロフィーは丸2日かけて制作され、1週間ほど食べられるという。

受け取ったワウリンカは、「大会側からの素敵なアイデアだよ」「すごいトロフィーだ。なんて素敵なサプライズなんだろう。すでにフィットネストレーニングを始めているから(太らずにすんで)良かった」と喜んだ。

大会側から素敵なサプライズプレゼントをもらったワウリンカは、もちろん翌2017年も「ATP250 ジュネーブ」に出場。母国で見事2連覇を飾った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2016年「全米オープン」でのワウリンカ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:5/24(日) 11:33
THE TENNIS DAILY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事