ここから本文です

オンラインで「学級会」 菊川・岳洋中、画面越しに楽しく

5/24(日) 13:41配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 菊川市立岳洋中は22日、新型コロナウイルス感染症の第2波に備え、教員と生徒がインターネット上で会話ができる環境を整えようと、学級ごとに「オンラインミーティング」を行った。全校生徒の約6割が参加した。

 1クラスを約10人ずつに分け、班ごと順番に行った。教室にいる教員と各家庭にいる生徒がビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って対話。接続や音量の確認作業をした後、担任が健康状態を尋ねたり、クイズを出したりして生徒との会話を楽しんだ。教員らは「生徒の表情を見て安心した」「最初は緊張したが徐々に慣れ、次第に声が大きくなった」と話した。

静岡新聞社

最終更新:5/24(日) 13:41
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事