ここから本文です

野原雅也が決勝進出「走っていても気持ちに余裕がある」/宇都宮・ワンダーランドカップ争奪戦

5/24(日) 9:02配信

ABEMA TIMES

<宇都宮競輪場:ワンダーランドカップ争奪戦>◇G3◇12R S級準決勝◇22日

 優勝候補の平原康多(埼玉)に人気が集まった最後の準決勝。最終周回、野原雅也(福井)が捲ると、それに合わせて5番手から人気の平原もスピードを上げる。しかしその動きを見て、野原のマークにつけていた稲川翔(大阪)がけん制したところ、平原が落車するアクシデント。そのまま野原が伸び切り、ゴール前で差し切って1着でゴール。2着には最初に仕掛けた嵯峨昇喜郎(青森)のマークにつけていた大槻寛徳(宮城)が。神山拓弥(栃木)が地元ファンの期待に応えて3着に入り、決勝の切符をもぎ取った。

【映像】野原雅也が制した12R

 人気の平原が落車したことで、2車単は27番人気の9-5。1万9640円。3連単は223番人気の9-5-4。22万6740円と超高額配当に。

 捲りきって勝利を飾った野原は、「前に前に踏もうと思いました。上手いこと展開が向きましたね。走っていても気持ちに余裕があるので、(脚は)良いかなと思います。500バンクは慣れないけど、なんとか決勝に進めました。決勝戦も頑張ります」とコメント。福井のホープが決勝でも波乱を起こすか。

最終更新:5/24(日) 9:02
ABEMA TIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事