ここから本文です

「オールアウト」大将の竹下幸之介がヨシヒコに敗退。アキヒロ出現でバトルドール軍が増強【DDT】

5/24(日) 1:16配信

TOKYO HEADLINE WEB

 DDTプロレスリングの無観客による「DDT TV SHOW!#4」(5月23日、DDT TV SHOWスタジオ)が動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。

 セミファイナルで「オールアウト」大将の竹下幸之介(24)が“ピープルズ・バトルドール”ヨシヒコと一騎打ちを行い、まさかの敗戦を喫した。

 かねてからオールアウトを付け狙うヨシヒコはここまで彰人にこそ敗れたものの、飯野雄貴と勝俣瞬馬に勝利を収め2勝1敗。竹下を襲撃するなど抗争はヨシヒコのペースで進められ、今回は一気にこの抗争にケリをつけるべく大将の竹下は満を持しての出陣だった。

 試合は一進一退の攻防が続いたが、ヨシヒコとぶつかったレフェリーがダウンしている隙に、オールアウトの飯野、彰人、勝俣が乱入し、ヨシヒコに集中砲火を浴びせる。竹下に絶好のチャンスが到来したが、ここで場内が暗転。照明が再びつくと、14年8月以降、姿を消していた、もう一人の“バトルドール”アキヒロが出現。2人がかりで竹下を攻め立てると、ヨシヒコが必殺の輪廻転生を決めて3カウントを奪った。

 これでオールアウト勢は、ヨシヒコとシングル4連戦を行い、1勝3敗と負け越して、一連の遺恨に決着をつけることができなかった。アキヒロも登場し、「オールアウト」とバトルドールとの闘いは新たな局面を迎えそうな気配となった。

最終更新:5/24(日) 1:16
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事