ここから本文です

【麒麟がくる】尾張を狙う義龍から信長を守れ 光秀が奔走

5/24(日) 14:50配信

ENCOUNT

第19回「信長を暗殺せよ」は総合夜8時から放送される

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第19回が24日に放送される。第19回では、道三の死から2年、越前でつつましい生活を送っていた光秀(長谷川博己)は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼び出され、将軍・義輝(向井 理)が戻った京の様子を探りに行くように命じられる。

【写真】ボンバーマン・松永久秀も久しぶりに登場

 京では、尾張を手中に収めようとする斎藤義龍(伊藤英明)の一派が、これから上洛してくる信長の命を狙っているという不穏なうわさを耳にする。松永久秀(吉田鋼太郎)の力を借りてそれを未然に阻止する光秀。再会を果たしたかつての友に、義龍は再び自分と手を組み美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛けるが…。

 三好長慶が主君・細川晴元との内紛に勝利し、京を掌握。その内紛に巻き込まれた将軍・義輝は京を逃れて近江・朽木に落ち延びていたが、5年ぶりに京に戻ることに。将軍家とつながりの深い義景は、光秀を京に派遣してその様子を探らせる。

 京では光秀が松永久秀と再会を果たす。久秀役・吉田鋼太郎は第5回以来の登場。前回は伊平次を探すために遊郭に乗り込むと手当たり次第に部屋のふすまを開けまくるという破天荒ぶりで視聴者を沸かせただけに、今回の活躍にも注目が集まる。

ENCOUNT編集部

最終更新:5/24(日) 14:50
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事