ここから本文です

北朝鮮「核抑止力強化」 正恩氏が党軍事委を主宰=3週間ぶり公開活動

5/24(日) 10:41配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)は朝鮮労働党の中央軍事委員会を主宰し、核戦争の抑制力強化策や武力機構の組織改編などを協議した。朝鮮中央通信が24日、報じた。

 同通信によると、北朝鮮は朝鮮労働党の中央軍事委員会の第7期第4次拡大会議を開催した。金委員長が主宰した。金委員長の公開活動が報じられるのは今月2日以来約3週間ぶり。拡大会議の具体的な日にちは明らかにしていない。

 拡大会議では「核戦争の抑制力を一層強化し、戦略武力を高度の激動の状態で運営するための新たな方針」が提示された。また、「武力構成の不合理な機構の編制的欠陥などを検討し、新しい部隊を組織編成し、脅威的な外部勢力に対する軍事的抑止力を完備するための核心的な問題」を議論した。

 金委員長が党中央軍事委の拡大会議を主宰するのは昨年12月以来。北朝鮮は当時、非核化に向けた米朝間の交渉期限を「年末」と一方的に定め、軍事的緊張を高めた。

 今回の拡大会議は、米国との非核化交渉を巡って膠着(こうちゃく)状態が長期化する中、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)による封鎖で厳しい状況に陥った北朝鮮が、軍部の結束や治安強化など内部結束に力を入れたい意思を示したものと受け止められる。

 一方、拡大会議では軍幹部などの人事も行われた。

 かつて北朝鮮のナンバー2とされたが、2018年4月に軍総政治局長を解任された黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏の後任に、ミサイル開発などを主導してきた李炳哲(リ・ビョンチョル)党副委員長が党中央軍事委の副委員長に選出された。

 昨年9月に軍総参謀長に任命された朴正川(パク・ジョンチョン)氏は、軍首脳部で唯一次帥に昇格。金委員長から厚い信頼を得ていることがうかがえる。

 また、チョン・ギョンテク国家保衛相は大将に昇格した。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

最終更新:5/24(日) 10:41
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事