ここから本文です

デア・クラシカー控えるドルトムントが好調ヴォルフスブルクに勝利!《ブンデスリーガ》

5/24(日) 0:28配信

超WORLDサッカー!

ドルトムントは23日、ブンデスリーガ第27節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

【動画】イングランドが誇る新たな“ワンダー・キッド”、ジェイドン・サンチョ/ドルトムント

再開初戦となったシャルケとのレヴィア・ダービーを完勝し、首位バイエルンを4ポイント差で追う2位ドルトムント(勝ち点54)は、3日後にバイエルンとの頂上決戦を控える中、シャルケ戦と同様のスタメンで臨んだ。

リーグ7戦負けのない6位ヴォルフスブルク(勝ち点39)に対し、立ち上がりからボールを握ったドルトムントが敵陣で試合を進めるも、決定的なシュートには持ち込めない。

なかなかハーランドに良い形でボールが入らず苦戦していたドルトムントだったが、32分にゴールをこじ開ける。ブラントのパスを起点にハキミ、ボックス右のT・アザールとつなぎ、折り返したクロスを最後はファーサイドのラファエウ・ゲレイロが押し込んだ。

1点をリードして迎えた後半、ドルトムントはフンメルスに代えてジャンをそのまま3バックの中央に投入。開始3分にシュテフェンにバーを掠める際どいシュートを打たれた中、押し込まれる展開が続いた。

62分にはシュテフェンの強烈なボレーシュートでGKビュルキを強襲されたドルトムントは65分にブラントに代えてサンチョを投入。

すると78分、ドルトムントの采配が的中する。カウンターに転じたドルトムントはサンチョが持ち上がってボックス右へスルーパス。これをハキミがダイレクトでゴール左へ流し込んだ。

82分にクラウスが一発退場となったヴォルフスブルクに対し、終盤にかけてはドルトムントが危なげなく試合を締めて2-0で勝利。デア・クラシカーを前に好調ヴォルフスブルクを撃破した。

超WORLDサッカー!

最終更新:5/24(日) 0:28
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事