ここから本文です

観光名所の桟橋で火災、消防士が負傷 米サンフランシスコ

5/24(日) 9:58配信

CNN.co.jp

(CNN) 米カリフォルニア州サンフランシスコの海岸沿いにある観光名所、フィッシャーマンズワーフの桟橋「ピア45」で23日未明、大規模な火災が発生し、桟橋の4分の1が焼け落ちた。

【映像】米サンフランシスコの桟橋で火災

地元消防当局によると、現地時間の午前4時すぎに最初の通報があり、消防士150人以上が出動した。

消防士1人が片手に深い切り傷を負い、病院で手当てを受けた。ほかにけが人は報告されていない。

火災はピア上の南側に位置する倉庫で発生。隣接する建物2棟に広がり、3棟目に迫る勢いを示した。同日昼すぎに鎮圧されたが、現場では完全な鎮火を目指し、24日から米戦没者追悼記念日の25日にかけて消火活動が続く見通しだ。

当局は防犯カメラの映像などから出火原因を調べているが、結果が出るまでには数週間かかるとみられている。

ピアに係留されている第2次世界大戦当時の軍艦ジェレマイア・オブライエンにも火の手が迫ったが、消防艇が食い止めたという。

地元テレビ局によると、倉庫の中にはカニ加工用の設備があった。路上生活者が入ることもあったが、出火当時、中に人がいたかどうかは明らかでない。

最終更新:5/24(日) 9:58
CNN.co.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事