ここから本文です

その名も「トンネルマンボウ」 長崎大などが水路調査ロボット開発

長崎新聞 6/24(水) 12:00配信

マンボウのように空中をふわり―。長崎大(長崎市)と西松建設(東京)が共同で、水力発電所の水路トンネル内部を撮影する飛行船型調査ロボット「トンネルマンボウ」を開発し、同大で23日、報道陣に飛行実験を公開。後部や下部にプロペラが付いており、真っ白い船体がゆっくりと発進した=長崎大

長崎新聞

最終更新:6/24(水) 23:38

長崎新聞

こんな記事も読まれています