ここから本文です

グレアム・ヒル: 「ウィークデイベジタリアン(週5日の菜食主義)」のすすめ

7/31(月) 12:02配信

TED

Graham Hill

翻訳

一年ほど前に 私は自問しました 「これだけいろいろなことを知っていながら なぜ私はベジタリアンじゃないんだろう?」 私は地球に優しい人間です ヒッピー世代の両親に丸太小屋で育てられました 環境保全サイトtreehugger.com を立ち上げました 環境問題には関心があります 毎日ハンバーガーを一つ食べるだけで 死の危険が30%増加することも知っていました 動物への虐待については 毎年 肉のために飼育される動物が100億頭 工場飼育されていることも知っていました 私達は偽善者です 工場環境で猫や犬など ペットを飼おうとは思いもしません 驚くべきことに 環境の見地から言えば 肉の生産で生じる温暖化ガスの量は 自動車 電車 航空機 バス 船など あらゆる交通手段からの温暖化ガスの量よりも多いのです 牛肉の生産は 野菜の生産の 100倍の水を必要とします


これは私一人の問題ではありません 社会全体では 1950年代と比較して 2倍以上の肉を消費しています かつては特別なご馳走だった肉が 主役になり 毎日食卓に上っています だから どの点を取っても ベジタリアンになる理由は十分です なのに 私は 悪いこととは知りながら いつもの分厚いステーキにかぶりついていました


なぜ私には実行できなかったのでしょう? その理由がわかりました 私が行き詰まっていたのは あれかこれかの二者択一を迫られたからです そこには 肉食主義者か 菜食主義者かの選択しかありませんでした 私にはそのどちらかを選択する用意がなかったのです 最後に食べたハンバーガーのことを思えば わかるでしょう (笑) つまり 私の良識や 私の善意が 私の(味の)好みと争っていたのです そして 「また今度」 と片付けたのです でも その「今度」は決して巡って来なかったのです 皆さんにも わかるでしょう?


そこで 考えました 第3の解決法があるだろうと その結果 考案したのがこの方法です 昨年実践してみました 実にうまくいきます 「ウィークデイベジ(週5日の菜食主義)」と名付けました 名前を聞いただけでわかりますね 月曜から金曜までは菜食で 週末は好きなものを食べて良いのです 簡単です 次のレベルに行きたい場合 環境と健康によくないのは 赤身肉と加工肉なので それを覚えておいて それらの代わりに 環境にやさしい漁法でとれたおいしい魚を食べます カレンダーに沿って実行するので 守るのもいたって簡単です たまには決まりを破るのもOKとします 結局 週に5日間肉を食べないということは 肉の摂取を70%減らすということになります


「ウィークデイベジ」はすばらしいです 私の環境への負荷は低下し 環境汚染抑止にも貢献しています 動物への罪悪感も減少し お金も貯まっています 何よりも良いことは 体が健康になったことです 長生きできそうですし 体重も減りました


ですから 皆さん 健康のために 財布のためにも そして 環境のため 動物のためにもなります 一度「ウィークデイベジ」を試してみませんか? もしここにいる私たち全員が 食べる肉の量を半分にしたならば それは ここにいる人のちょうど 半数がベジタリアンであるのと同じです


ありがとうございました


(拍手)


ベジタリアンが環境と動物に優しいことはよく知られています。しかし、肉食文化のただ中では、ベジタリアンになることは簡単ではありません。グレアム・ヒルが強力で実行可能な提案を行います。 ( translated by Haruo Nishinoh , reviewed by Takahiro Shimpo )

動画撮影日:2010/2/10(水) 0:00
TED