ここから本文です

All Nippon NewsNetwork(ANN)

パリ銃撃警察官3人死傷 “マークの男”がテロか

テレビ朝日系(ANN) 4/21(金) 10:30配信

 フランス・パリ中心部のシャンゼリゼ通りで20日夜、男が車に乗っている警察官に向かって突然、発砲して警察官1人が死亡しました。現場から報告です。

 (工藤亮介記者報告)
 シャンゼリゼ通りはパリ中心部の観光名所で、事件当時は日もまだ落ち切っておらず、多くの観光客であふれていました。現地メディアなどによりますと、20日午後9時前、停車中の警察車両の横に別の車が止まり、降りてきた男が突然、発砲して警察官と銃撃戦になりました。この銃撃戦で警察官1人が死亡し、他の警察官2人が負傷。通行人1人も軽いけがをしました。男は現場で射殺されています。
 目撃者:「たくさんの銃撃音が聞こえた。テロリストの銃撃だと思う。その後、警察による銃撃音が聞こえた」
 この銃撃に関連し、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しました。フランス当局も以前からマークしていた男だったということで、フランス政府はテロ事件とみて捜査しています。また、フランスメディアは、容疑者について39歳のフランス国籍の男だと報じています。フランスでは23日に大統領選挙が行われます。繁華街の警備は普段よりも厳しいものでした。そんななかで起きた凶行に市内の雰囲気はより緊迫したものになっています。

最終更新:4/21(金) 11:05

テレ朝 news