ここから本文です

「はれのひ」1年前から賃金未払い 5回の是正勧告

1/12(金) 11:55配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 横浜市などで成人式のための振り袖が届かないなどの被害が相次いだ問題で、着物レンタル業者が従業員への賃金未払いで、去年、労働基準監督署から5回にわたって是正勧告を受けていたことが分かりました。

 元従業員によりますと、着物レンタル業者「はれのひ」を巡っては、2016年末ごろから賃金の支払いが遅れていました。篠崎社長は「何とか頑張ってやり繰りしたが、給料が払えない」と話していたということです。その後、従業員から賃金未払いの相談が相次いだため、労働基準監督署は去年の8月から先月にかけて合わせて5回、はれのひに是正勧告を出していたことが関係者への取材で分かりました。この問題では、消費生活センターに寄せられた相談の契約総額が1億6000万円を超えました。また、警視庁や神奈川県警などに1000件を超える被害相談が寄せられています。