ここから本文です

【報ステ】日系ブラジル人「日本で使い捨てに…」

11/8(木) 23:30配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 国会で『外国人労働者の受け入れ拡大』が焦点の1つとして議論されるなか、ブラジル・サンパウロに住む日系ブラジル人のセルジオ・イケゾエさん(46)は、“雇用の調整弁”として「使い捨てにされた」と語る。イケゾエさんは、1991年に日本に渡り、19年にわたって愛知県の部品工場に勤めたが、リーマンショックの翌年に突然、理由も説明されないまま解雇を言い渡され、日本を離れざるを得なくなったという。日系4世にあたるイケゾエさんの娘は「“単なる働き手”としては日本に行きたくない。両親が経験したことを見ているので怖い」と話す。日本政府は、日系4世を受け入れる新たな在留資格を今年7月に創設し、年間最大4000人程度の受け入れを見込んでいる。しかし、これまでにビザの発給を受けた人は、わずか3人にとどまっている。
あなたにおすすめの記事