ここから本文です

工場で“有毒ガス”検出 男女2人が重体など被害

1/12(土) 9:32配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 東京・葛飾区の工場で男女2人が倒れているのが見つかり、病院に搬送されました。1人が意識不明の重体、もう1人も意識がもうろうとしているということです。

 11日午後6時半ごろ、葛飾区東立石の文房具の部品を製造する工場で「男女2人が倒れている。シンナーのにおいがする」と119番通報がありました。警視庁などによりますと、倒れていたのは従業員とみられる40代の男性と70代の女性で病院に搬送されましたが、男性は意識不明の重体、女性も意識がもうろうとしているということです。東京消防庁によりますと、現場からは有機塩素化合物のトリクロロエチレンが検出されていて、吸引しすぎると人体に悪影響があるということです。警視庁などは工場内で何らかの事故が起きたとみて原因を詳しく調べる方針です。
あなたにおすすめの記事