ここから本文です

24歳女コンビニ店のトイレで出産 赤ちゃん置き去り

4/15(月) 14:32配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 埼玉県新座市にあるコンビニ店のトイレで生まれたばかりの女の赤ちゃんが見つかった事件で、警察は24歳の母親を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

 森泉優里愛容疑者は今年1月、コンビニ店のトイレで女の子を出産して放置し、殺害しようとした疑いが持たれています。女の子は他の客が見つけて病院に運ばれましたが、命に別状はありませんでした。警察によりますと、森泉容疑者は母親の車に乗っていた際に腹痛を訴え、店のトイレで数十分かけて出産したとみられています。車のシートに血液が付いていたため母親が病院に連れて行き、出産が分かりました。医師が「出産し、体内に胎盤が残っているのに赤ちゃんがいない女性がいる」と警察に連絡したということです。調べに対し、森泉容疑者は「1人では子どもを育てられないし、妊娠していることを親に告げていなかった」と容疑を認めています。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事