ここから本文です

ヨチヨチと… バイカルアザラシの赤ちゃん公開

5/16(木) 7:32配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 日本ではなかなか見られない貴重なアザラシの赤ちゃんの映像とともに、朝の癒やしタイムをお届けします。

 前足を一生懸命に動かしながらカメラの方へヨチヨチ歩いてくるのは、今年3月に生まれた「バイカルアザラシ」の雄の赤ちゃん。ロシアのバイカル湖周辺に生息することから名付けられ、日本では21頭しか飼育されていない珍しい生き物です。映像は生後1週間のころに体験した「初めての水遊び」の様子。ちょっぴりドキドキしているのでしょうか。まずは水に鼻を付けて様子を見ながら、徐々に体を慣らしていきます。すぐに気に入ったようで、最後はホースから流れてくる水を気持ち良さそうに浴びていました。生まれてから約1カ月半が経ち、新たな門出を迎えました。
 東京・池袋にあるサンシャイン水族館で、15日からバイカルアザラシの親子の展示がスタート。体長約71センチ、体重約12キロに成長したアザラシの赤ちゃん。フワフワした白い毛はすっかり抜けて、シルバーグレーの毛に生え変わっています。珍しい赤ちゃんアザラシの泳ぐ姿に大人も子どもも大喜びの様子でした。
 お客さん:「カメラ持ってくれば良かった。お願い!撮らせて!!」「まだ赤ちゃんだから、可愛かった」
 1番に入場したお客さん:「お母さん(アザラシ)が小さい時からずっと見ているので、すごくうれしい。可愛くてたまらない」
 また、一般公開と同時に赤ちゃんアザラシの名前の募集も開始。水族館内に投票箱が設置され、一人1票まで受け付けています。名前の発表は来月13日に予定されています。

最終更新:5/16(木) 8:29
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事