ここから本文です

38歳女性の遺体が川に…首に絞め痕 帰宅途中か 

7/11(木) 20:35配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 福岡県粕屋町の川で38歳の会社員の女性が遺体で見つかった。首には絞められた痕があり、警察は女性が帰宅途中に何者かに襲われたとみて調べている。

 遺体で見つかったのは会社員の村尾照子さん(38)。うつぶせの状態で川に浮かんでいたという。捜査関係者への取材で村尾さんの死因は窒息死で首には強く絞められた痕があったという。現場にあった自転車は村尾さんが行方不明になる前6日午後、夫と近くのショッピングセンターで購入していたものとみられている。そして午後9時半すぎ。村尾さんは、夫に今から帰るという内容の電話をしたのを最後に行方が分からなくなった。1日半以上が経った8日午前11時半ごろ、村尾さんは遺体となって発見された。その後の捜査関係者への取材で、村尾さんのスマートフォンなど持ち物の一部が見つかっていないことが新たに分かった。殺人・死体遺棄事件と断定した警察は行きずりの犯行も視野に、村尾さんが帰宅途中に川の横にある畑付近で殺害された後、川に遺棄されたとみて、現場付近の防犯カメラの解析を行うなど捜査を進めている。

最終更新:7/11(木) 20:46
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事