ここから本文です

上半身露出も罰金の対象に!? 北京がマナー向上へ

8/14(水) 20:45配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 ところ構わずつばを吐いてはいけない。上半身裸で外を歩き回ってはいけない。当たり前のように思えるマナーですが、北京ではこれらの行為を拘束や罰金の対象にするということです。

 例えば、ところ構わずたんを吐く。ところ構わず大小便をする。堂々たる信号無視。上半身を露出する北京ビキニ。これらの行為が、軒並み非文明行為として処罰の対象に。北京はそんな街になるかもしれない。文明行為促進立法。マナーの向上は結構なことかもしれないが、マナーの善しあしをお上が取り締まる世界を我々は歓迎できるのか。仮に法律が成立すれば…。この広場ダンス、もし誰かが迷惑だと訴えると、取り締まりの対象になってしまう。ちなみに数年前、広場ダンスのおば様方が過激化し、車道も我が物顔で集団暴走する行為が問題視されたことがある。当局は、こうした事態を懸念しているのか。気持ち良く踊っている当人たちに、話を聞いてみた。
 広場ダンスを楽しむ人:「ここもダメなら、もう生きる場所がない。迷惑かけなければいいんでしょう?」
 なかにはこんなグループも。真っ昼間から指を絡ませ、公然と体を密着させる男女。関係を聞いてみると、夫婦ではないという。
 広場ダンスを楽しむ人:「ここで知り合ったパートナーです。妻は足が悪いので」「夫は踊れないんです」
 こうした関係はむしろ非常に文明的だと、恐らくそんな評価もあるはずだが、その善しあしを決めるのはあくまでお上。確かに目に余る状況はある。決して捨ててあるわけではない。見ていると、業者がやって来て自分の会社の自転車だけを回収していくのだ。マナーの向上。それは中国政府にとっても大きな課題。国際社会における地位を確保するには、それが必要不可欠との考えだ。しかも、すでに街中には無数のカメラが配備され、市民一人ひとりの非文明的行為を監視することも朝飯前。ただし、公権力が法律で市民をしつけるという考え方自体、そもそも文明的なのかどうか議論の余地はあるはずだ。

最終更新:8/14(水) 20:45
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事