ここから本文です

内閣改造13人が初入閣 進次郎氏起用の狙いは?

9/11(水) 12:07配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 安倍総理大臣は11日午後、内閣改造を行います。麻生副総理と菅官房長官が留任する以外は17の閣僚が交代し、初入閣は13人となります。

 (政治部・吉野真太郎記者報告)
 注目は何と言っても小泉進次郎氏ですが、安倍総理は今回の起用の狙いについて「発信力と後進の育成」というふうに話していました。6月のG20大阪サミットで日本は海洋プラスチックごみの問題の解決を打ち出しました。環境大臣として持ち前の発信力で引っ張っていってほしいということです。もう一つは育成です。ともすれば「評論家的」という批判もあった小泉氏ですが、今後は閣僚として結果を出す仕事も経験してほしいという意図があります。一方、小泉氏以外では重要ポストで側近が起用されました。安倍総理は改造内閣の方針として教育改革、働き方改革、社会保障改革への取り組みを打ち出すことにしていて、それぞれ担当に萩生田光一氏、加藤勝信氏、西村康稔氏を起用しました。総理周辺は「意思疎通を重視した」と話していて、引き続き官邸がグリップする形で政策を進めたい考えです。改造内閣は皇居での認証式を経て正式に発足します。夕方に安倍総理が記者会見することにしています。

最終更新:9/11(水) 12:07
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事