ここから本文です

アメリカ同時多発テロから18年 各地で追悼式

9/12(木) 6:27配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 約3000人が犠牲になったアメリカでの同時多発テロから18年を迎え、犠牲者を悼む追悼式が全米で行われました。

 2001年の同時多発テロでは、日本人24人を含む約3000人が死亡しました。事件から18年経った今も現場で有害物質にさらされた関係者が病気を患うケースが相次いでいて、この1年間で当時、現場近くにいた4000人以上が新たにがんを発症しています。
 ニューヨーク市警・労働組合代表:「我々が必要としているのは治療です。そうすればもっと先に進めるのです」
 アメリカ政府は7月、今年期限切れを迎えていた医療費の支払いを2090年まで延長しましたが、今後もテロの後遺症は続きます。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2019

最終更新:9/12(木) 23:43
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事