ここから本文です

警察の職務質問中に発砲 暴力団組員が2人射殺

10/11(金) 6:22配信

テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

 神戸市中心部で10日に暴力団組員2人が射殺された事件で、68歳の男が逮捕されました。男は警察官から職務質問されている最中に銃撃したことが分かりました。

 午後、神戸市中央区にある指定暴力団神戸山口組の直系団体の山健組の事務所近くで30代と40代の男性組員が射殺されました。
 事件直後の現場を目撃した人:「警察官が(被害者の)心臓マッサージをしていた。顔面蒼白だった」
 現場で逮捕された指定暴力団山口組系の組員・丸山俊夫容疑者は「発砲したことに間違いない」と容疑を認め、拳銃2丁が押収されました。現場となった山健組周辺では当時、警察官が24時間態勢で警戒中で、丸山容疑者は職務質問されている最中に近寄ってきた組員に向けて発砲したということです。今年8月には神戸市内で山口組系の組員が銃撃されて一時、重体となった事件が起きていて、警察は背景に山口組と神戸山口組の対立があるとみて関連を調べています。

最終更新:10/11(金) 7:48
テレビ朝日系(ANN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事