ここから本文です

Fuji News Network

テロ等準備罪法案審議 民進が法相追及

フジテレビ系(FNN) 4/21(金) 22:20配信

「共謀罪」の構成要件を改め、テロ等準備罪を新設する法案の審議が、衆議院法務委員会で行われ、民進党は、テロなどの犯罪の実行準備が行われる前に捜査が行われる懸念について、金田法相をただした。

民進・階議員「(犯罪の)実行準備行為が行われた『あと』でなければ、捜査は開始できないか。このことだけ、明確に答えてください」
金田法相「実行準備行為が行われておらず、テロ等準備罪が成立していない段階においては、罪を犯したとはいえない。そして、テロ等準備罪を理由に、逮捕や捜索、差し押さえといった強制捜査はできない」
民進・階議員「強制捜査とは聞いていません」

金田法相は「犯罪の準備行為が行われていない段階では、強制捜査はできない」と答弁した。
一方で、法務省の官僚は、実行準備が行われていない段階でも、犯罪が実行されるとみなされれば、任意捜査が許されることもあると説明したため、野党は政府の説明の不一致だとして、金田法相を追及していく考え。
野党は、出席要求をしていない、法務省の官僚を答弁に立たせることを、与党が賛成多数で決めたのは、「憲政史上なかった強行だ」と反発していて、政府が、答弁が安定していない「金田大臣隠し」をしていると批判している。

最終更新:4/21(金) 22:20

Fuji News Network