ここから本文です

FNNの取材クルーが草津白根山北東部で群馬県の防災ヘリ発見

8/10(金) 14:43配信

Fuji News Network

フジテレビ

FNNの取材クルーが、草津白根山北東部で墜落したとみられる群馬県の防災ヘリを発見した。

群馬県などによると、10日正午ごろ、群馬県の草津白根山の上空を飛行していた群馬県の防災ヘリ「はるな」の行方がわからなくなっていた。

防災ヘリには、県の防災航空隊の4人と、吾妻消防隊員の5人、あわせて9人が乗っていた。

午前9時すぎに、群馬県内のヘリポートを飛び立ち、長野の県境へ向かっていた。

吾妻広域消防本部によると、ヘリは、11日の「山の日」に開通する、群馬県と長野県の県境の稜線トレイルの安全確認のため、群馬県の防災航空隊と吾妻消防本部が合同で飛行していたという。

群馬県などは、情報の収集と救助隊の要請をしている。