ここから本文です

3連休はブルブルスタート 都心で初雪 関東で積雪も?

1/12(土) 17:55配信

Fuji News Network

フジテレビ

3連休初日の12日、東京都心では初雪が観測された。

13日明け方にかけて、関東南部などで積雪のおそれもあり、気象庁は、路面の凍結などに注意を呼びかけている。

世界無形文化遺産に登録された、あの「なまはげ」も登場し、東京・代々木公園で行われた、秋田県主催のイベント「AKITAワンダフルフェス」。

正午前、会場にちらつき始めたのは、雪。

一時は、「まるで秋田?」と思うほどの降り方となった。

気象庁は12日午前、東京都心で初雪を観測したと発表。

これは、平年より9日遅く、2018年より12日遅いという。

雪は、東京の隣、神奈川・横浜市でも。

雪が降ってきた午前10時30分すぎの映像では、黒いコートに降りかかる雪の粒がはっきりと確認できた。

12日、東京都心の最高気温は6.2度。
11日より6度下がった。

そんな寒さが身にしみる、東京の新たな台所「豊洲市場」で、12日から始まったのが、食を楽しむ新たなイベント「豊洲市場Oishii土曜マルシェ」。

市場で扱う生鮮食品が販売されるほか、市場の食材を使った「豊洲グルメ」を味わうことができる。

12日から始まった「土曜マルシェ」で、寒い中、人気を集めているのが、熱々の「豊洲鍋」。

老舗日本料理店の3代目が作った、この「豊洲鍋」。

天然のブリを使った大きなつみれと、旬の根菜がたっぷり入っている。

「豊洲鍋」を食べた人は「だしがいい」、「寒いですけど、温かいものを食べて、体が温まっておいしい」などと話した。

一方、14日の「成人の日」を前に、12日、茨城・常陸太田市では、新成人10人が、高さ日本一という「竜神大吊橋バンジージャンプ」に挑戦した。

振り袖や着ぐるみなどを着て、次々と橋からジャンプする新成人。

娘のバンジージャンプを見届けた母親は、「いろいろ苦労した子だったので、自信が持てたんじゃないかと思いました」と話した。

バンジーをした娘は、「今まで生きてきて、一番すごい瞬間になったと、跳んでみて思った」と話した。

関東では、12日夜から明け方にかけて、雨や雪が降り、神奈川・箱根町や東京・多摩などの山沿いでは、積雪の可能性がある。

12日、箱根に観光に来ていた人は「雪が降る前に戻りたい」と話した。

気象庁は、路面の凍結などに注意を呼びかけている。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事