ここから本文です

安倍首相、韓国に謝罪・撤回要求 韓国議長“天皇謝罪”発言で

2/12(火) 20:59配信

Fuji News Network

フジテレビ

韓国の国会議長が、慰安婦問題をめぐり、天皇陛下による謝罪を求める発言をしたことについて、安倍首相は、韓国側に謝罪と撤回を求めたことを明らかにした。

これは、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、アメリカのブルームバーグのインタビューで慰安婦問題に関し、「安倍首相か天皇陛下が謝罪するのが望ましい」、「戦争犯罪の主犯の息子がおばあさんの手を握り、心より申し訳ないと言えば問題は解消されるだろう」と発言したもの。

安倍首相「発言を読んで、わたしは本当に驚いた。外交ルートを通じ、議長の発言は甚だしく不適切、極めて遺憾である旨、強く抗議し、謝罪と撤回を求めました」

河野外相「到底受け入れられるようなものでもない。極めて無礼な発言。政府として、謝罪と撤回を求めているところ」

河野外相は、「韓国側が誠意ある対応をすると期待している」と述べた。

また菅官房長官は、日本側の抗議に対し、韓国政府から「早期の日韓関係改善を願う文議長の思いから出たものであり、報道のされ方は本意ではなかった」との説明があったことを明らかにしたうえで、「文議長の発言は、極めて不適切なものだ」と不快感を示した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事