ここから本文です

両手足縛り水風呂で虐待 小2長女に口止め「誰にも言ってはいけない」

3/15(金) 12:12配信

Fuji News Network

テレビ西日本

福岡・筑紫野市で、小学校2年生の長女の両手足を縛り水風呂に入れ殺害しようとしたとして、母親と内縁の夫が逮捕された事件で、2人が長女に、虐待については、「誰にも言ってはいけない」と口止めしていたことがわかった。

筑紫野市のアルバイトの母親(29)と内縁の夫の八尋潤容疑者(29)は2018年12月、小2の長女(8)の両手足をひものようなもので縛り、水風呂に入れて殺害しようとした疑いで、14日に逮捕された。

その後の警察の調べで、長女が2人から虐待について、「誰にも言ってはいけない」と口止めされていたことが新たにわかった。

水風呂に入れる虐待は、長女が「うそをつかない」などの約束を破るたびに繰り返されていたとみられ、2人は虐待の様子をスマートフォンで撮影し、無料通信アプリ「LINE」で共有していたという。

調べに対し、2人は「たたくとアザが残って、学校にばれると思った」と容疑を認めているということで、警察は余罪もあるとみて、さらに調べを進めている。

(テレビ西日本)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事