ここから本文です

“大停電”約31万軒で続く さまざまな形...支援の輪広がる

9/12(木) 17:53配信

Fuji News Network

フジテレビ

停電によって、断水や物資の不足が続いている。

そんな中、少しでも住民の助けになれればと、今、支援の輪が広がっている。

送電線の鉄塔が2基倒れ、停電や断水が続く千葉・君津市。

12日も、長い行列が。

台風被害の大きかった君津市では、無料でクレープを配布していた。

およそ50人の人が並んでいた。

キッチンカーで無料で振る舞われていたのは、クレープ。

並んだ末にクレープを手にした人は「やった~」、「イチゴ味」、「うれしそうでよかったです」などと話した。

地域の人々を励ましたいと、木更津の公認アイドルが、クレープの“炊き出し”に駆けつけた。

C-Style・八剱咲羅さんは、「きょうは、こういう状況ということで、自分たちが何かできることの1つで、無料プレゼントをやってます。自分たちも地元のために、木更津に住んでるんですけど、隣の君津が、特に今もまだ復旧が追いついていないということで、無料プレゼントして、ご飯食べてない人もいるので、元気出してもらいたくて、きょうはやらさせてもらってます」と話した。

千葉県の海上自衛隊館山航空基地。

ここにも、市民が集まっていた。

「お風呂入りに」、「気持ちよかったです」、「天国ですよ」、「今まで水のシャワーだったから、ありがたい」などといった声が聞かれた。

海上自衛隊館山航空基地では、一般の人にもお風呂を開放している。

基地では、普段隊員たちが使用している浴室を無料で開放。

その名も「館空の湯」。

男性用がおよそ40人、女性用がおよそ80人。

同時に利用することができる。

訪れた人は「携帯の充電とお風呂で。これでまた2~3日頑張ってやれる」、「歩いてきました。車もないから」などと話した。

利用時間は、午後1時から午後7時まで。

基地の中では、給水や携帯電話などの充電、さらに洗濯もできる。

女性は、「いつ(停電が)終わるかがわからない。予定もころころ変わるじゃないですか。きょう中だったり、あさってだったり、そのあたりが不安で。いつまで我慢すればいいのか。何の情報も入らない。携帯は全部つながらないし、本当に陸の孤島。現場の方たちは、すごく大変で、夜を徹してやっていただいているのは非常にわかる。あまり文句言えない」と話した。

(フジテレビ)

最終更新:9/13(金) 2:53
フジテレビ系(FNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事