ここから本文です

「信頼深める」 小泉環境相 福島で決意語る

9/13(金) 1:48配信

Fuji News Network

福島テレビ

第4次安倍再改造内閣が、本格始動。

小泉進次郎環境相は、早速、福島を訪問し、復興への思いを伝えた。

小泉環境相「きょうは、今から福島に行ってきます。福島に行って、福島の復興を後押しするのも環境相の大事な仕事ですし、意識は“復興大臣だ”と、そういう思いで頑張ります」

12日午前、原田義昭前大臣との引き継ぎを終えた小泉新環境相。

大臣としてまず向かった先は、東日本大震災の被災地・福島。

午後4時ごろ、庁舎入り口で、大勢の人々に迎えられた小泉大臣。

握手や記念撮影に応じたあと、内堀雅雄福島県知事との会談に臨んだ。

会談では、中間貯蔵施設への除染などによる廃棄物の受け入れなどが話題となった。

“ここが最終処分地になるのでは”という疑念が出ていることに対しては。

小泉環境相「30年(後に県外で最終処分)、この約束を守れるように、全力を尽くします」

また、原田前大臣が10日、福島第1原発の処理水について「海洋放出するしか方法がない」と発言したことに対し、漁業関係者に陳謝したことを明らかにした。

小泉環境相「原田前大臣の発言によって傷ついた方、県民の皆さんに対しては、わたしとしても、大変申し訳なく思います。新しく大臣になったわたしが、所管外とはいえ(汚染水対策は経産省所管)、傷ついた方にしっかりと向き合うことも、わたしはやらないといけないと思いました」

大臣としての第1歩を、福島から踏み出した小泉大臣。

9月下旬には、国連総会への参加も調整しており、手腕が試されるのはこれから。

(福島テレビ)

最終更新:9/13(金) 1:56
フジテレビ系(FNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事