ここから本文です

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

万景峰号 定期便就航、岸田外相 ロシアに「責任ある行動を」

TBS系(JNN) 4/22(土) 2:08配信

 軍事挑発の懸念が高まる北朝鮮に対し国際社会が圧力を強めるなか、北朝鮮の貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」の定期便としての就航がロシアで認められたことをめぐり、岸田外務大臣はロシアに対し「責任ある行動を求めたい」と述べました。

 「第三国の事業について申し上げるのは控えるが、ロシアには責任ある安保理理事国として行動していただきたい」(岸田文雄 外相)

 岸田大臣は軍事挑発の構えを崩さない北朝鮮に対し、国連を中心とした国際社会が圧力を強めるなかでの今回のロシア側の対応に不快感を示し、国連安保理の常任理事国としての「責任ある行動を求めたい」という考えを示しました。安倍総理大臣は今月下旬、ロシアを訪問しプーチン大統領との首脳会談に臨む予定ですが、この問題が取り上げられる可能性もあります。

 ロシアの運航会社によると「万景峰号」の第一便は来月8日に北朝鮮北東部の経済特区、羅先(ラソン)を出発し翌日ウラジオストクに入ることになっていて、今後、乗客以外に食品や家具、自動車部品などが運ばれる予定です。(21日16:58)

最終更新:4/22(土) 8:18

TBS News i