ここから本文です

日本の伝統的神事「流鏑馬」 カザフスタンで初披露

8/14(月) 9:54配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 日本の伝統的な神事の1つ流鏑馬(やぶさめ)が海を渡り、中央アジア、カザフスタンの観客を前に初めて披露されました。

 カザフスタン・アスタナ市の競馬場で各国の伝統的な弓馬術が競われる中、日本の流鏑馬が中央アジアで初めて披露されました。

 流鏑馬は全速力で走る馬の上から的を射る神事ですが、馬術文化が発達してきた中央アジアにもない日本独自の馬の乗り方があります。弓を射る際、上半身の上下動をなくすために、実は馬の体を足で挟まず、腰は鞍に触れずに、ほんの少し浮かせています。この高度な技術は習得が難しく、後継者の育成が課題となっています。そのため、今回は海外でも流鏑馬の理解者を増やすことも視野に、海外遠征が行われています。(14日06:51)

最終更新:8/14(月) 14:03
TBS系(JNN)