ここから本文です

ドアに足を挟んだまま列車動き出す、男児けが

6/14(木) 17:12配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 熊本市内のJRの駅で、男の子の足をドアに挟んだまま列車が動き出し、男の子は足に軽いけがをしました。

 13日午後8時20分ごろ、JR新水前寺駅で、熊本行きの2両編成の列車に乗り込もうとした10歳の男の子が右太ももをドアに挟まれました。

 運転士が発車するためブレーキを緩めたあとミラーを確認すると、ドアが開いていることを示す「車側灯」が点灯していることに気付き、再度ブレーキを掛け、停車したということです。男の子は足にアザができましたが、大きなけがはしなかったということです。

 運転士はドアを閉めたあと、ドアが完全に閉まっていることを示す運転席の「知らせ灯」を確認しなかったということです。JR九州はお詫びするとともに、「お客様の安全確保のために運転士への教育・指導を徹底してまいります」とコメントしています。(14日16:16)

最終更新:6/14(木) 20:50
TBS系(JNN)