ここから本文です

福島第二原発廃炉検討、菅長官「評価したい」

6/15(金) 1:46配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 東京電力が福島第二原発の4基すべての廃炉を検討する方針を福島県に伝えたことについて、菅官房長官は「極めて重い判断で評価したい」と述べました。

 「経営トップの責任において、地元のご要望や福島の現状を自ら受け止めて判断し、廃炉の方向性を示したものと思う。政府として評価したいと思う」(菅義偉官房長官)

 菅官房長官は、「東京電力の社長は福島での現状を考え、福島第二原発の廃炉について早く方向性を出す必要があると判断したんだろうと思う」と指摘。「極めて重い判断だった」と評価しました。

 また東京電力に対して、「福島復興への貢献という視点に立ち、関係者とよくコミュニケーションを重ねながら、廃炉に向けた具体的な検討を進めていくことを期待したい」と述べました。(14日18:39)

最終更新:6/15(金) 1:46
TBS系(JNN)