ここから本文です

ビックカメラ、“家電を置かない”酒専門店オープン

8/9(木) 1:52配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 大手家電量販店のビックカメラは、「家電を置かない」新たな専門店をオープンしました。

 ビックカメラが東京・お台場にオープンしたのは家電を置かない、お酒だけの専門店です。ワインや日本酒など、およそ2000種類を取り扱っていて、中でも人気の高まっているクラフトビールについては、およそ200種類を揃えています。

 「家電というところに目線をとらえると、一回購入した後に次に行く目的を促すのが課題。お酒は日常消費というところでは手に取って頂きやすい」(ビック酒販 村松隆之社長)

 家電市場が頭打ちとなるなか、ビックカメラでは単価の安い日用品を多く取り扱う店舗の出店なども進めていて、ネット通販などライバルが増えるなか、家電事業以外の強化を急いでいます。(08日14:54)

最終更新:8/9(木) 8:48
TBS系(JNN)