ここから本文です

徴用工原告団、新日鉄住金に申し入れへ

11/8(木) 8:59配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 韓国の最高裁が元徴用工への賠償を命じた判決を受け、原告の弁護団は近く、被告である新日鉄住金の本社に申し入れを行うことを明らかにしました。

 これは、元徴用工の原告の弁護団が7日、ソウルで記者会見を行い明らかにしたもので、原告の代理人と支援者は近く、新日鉄住金の本社を訪れ、申し入れを行うということです。

 一方、韓国の最高裁が新日鉄住金に対し、元徴用工への賠償の支払いを命じた先月30日の判決以降、訴訟に加わっていない元徴用工の遺族らから多数の問い合わせが来ているということです。

 「先週火曜日の最高裁判所の判決以降、多くの元徴用工の関係者から訴訟が可能かという問い合わせが来ている」(原告弁護団 林宰成〔イム・ジェソン〕弁護士)

 元徴用工は韓国政府の統計で、およそ22万人とされていて、元徴用工の関係者らを対象とした説明会を年内に開くということです。(07日22:40)

最終更新:11/8(木) 8:59
TBS系(JNN)

あなたにおすすめの記事