ここから本文です

平和条約交渉で あす外相会談、河野外相がモスクワ入り

1/13(日) 7:22配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 北方領土問題の解決に向けたロシアとの平和条約交渉をめぐる責任者に任命された河野外務大臣が12日、モスクワ入りしました。14日、外相会談に臨みます。

 河野大臣は、日ロ平和条約などに関する交渉の責任者に任命されていて、14日にロシアのラブロフ外相との会談に臨みます。

 日ロ両首脳は去年11月、平和条約締結後に北方四島のうち色丹島と歯舞群島を日本に引き渡すとする日ソ共同宣言を基礎として交渉を加速化させることで合意していて、安倍総理は、この問題に「終止符を打つ」と強い意欲を示しています。

 しかし、ロシア外務省は11日、「北方領土におけるロシアの主権を認め、日本が第二次世界大戦の結果を認めることが必要だ」との声明を出していて、外相会談では厳しいやりとりも予想されます。(13日00:24)

最終更新:1/13(日) 18:17
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事