ここから本文です

日本航空、積み下ろしを補助する着用型ロボット公開

2/13(水) 1:35配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 人手不足解消のため日本航空は荷物の積み下ろしの際に身体の負担を軽減する着用型ロボットを報道陣に公開しました。

 12日、日本航空が報道陣に公開したのは搭乗客の手荷物をコンテナなどに積み下ろしする際、作業員の身体の負担を軽減する着用型のロボットで、今月1日から羽田空港や成田空港で導入されています。

 このロボットはバッテリーとモーターを内蔵し、手荷物を持ち上げる際に引き上げる力が働き腰への負担を軽減します。

 日本航空は今後、各地の空港でも活用を検討しているということで、「年齢や性別にとらわれない働きやすい職場環境を作っていきたい」としています。(12日19:15)

最終更新:2/13(水) 5:37
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事