ここから本文です

「猫50匹殺した」 52歳の男を窃盗容疑で逮捕

6/13(木) 13:11配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 富山県内で猫が相次いで連れ去られていた問題で、52歳の男が飼い猫1匹を盗んだ疑いで13日に逮捕されました。容疑者の男はJNNの取材に「猫を50匹殺した」と話していました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、富山市の無職・新村健治容疑者(52)です。警察によりますと、新村容疑者は先月19日、射水市内の路上で、近所の男性の飼い猫1匹を盗んだ疑いが持たれています。新村容疑者は警察の調べに対し、容疑を認めています。

 また、新村容疑者は逮捕前の今月4日、JNNの取材に対し、「1年半前から飼い猫や野良猫を相次いで連れ去り、50匹以上殺した」と話していました。

 「せっかく苦労して捕まえてきたのに、すぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャーニャー鳴いているのを聞いて楽しんでいた」(新村容疑者〔今月4日〕)
Q.しばらく放っておいて、最初に何した?
 「お湯かけました」(新村容疑者〔今月4日〕)

 警察が余罪を調べています。(13日11:42)

最終更新:6/13(木) 15:23
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事