ここから本文です

香港国際空港、13日も欠航相次ぐ 空港から最新情報

8/13(火) 18:37配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 12日夕方から全便が欠航している香港国際空港ですが、13日も多くの便が欠航になっており、混乱は収まっていません。

 現在、香港空港では逃亡犯条例の改正案に抗議する若者ら千人以上が座り込みを続けています。警察のデモへの対応を非難するポスターなどを、路上に置いたり、到着する観光客に手渡しています。

 そして、航空便ですが、現在は遅れは少なくなっています。しかし、13日だけで370便以上が欠航になる見通しです。安全検査や荷物を受け取る場所も普段より人が多く、混乱した様子でした。

Q.今後の見通しはどうなのでしょう?

 今回の抗議活動は11日、デモ隊鎮圧のために警察が発射した弾で女性が右目に重傷を負ったことがきっかけとなりました。香港の多くの病院では、「香港警察が香港市民を殺そうとしている」と書かれたプラカードを掲げるなどして、座り込みを行うデモもありました。

 一方、香港政府トップの林鄭月娥行政長官は一連の抗議活動について「自由と正義の名で多くの違法行為が行われている」と非難しました。また、12日、「テロの兆候が表れ始めている」と、これまでにない強い表現でデモを批判した中国政府も、共産党のメディアを通じて香港に隣接する広東省の深センに、多くの装甲車やトラックが集まっているとする動画を公開して、デモをけん制しています。

 デモは政府や警察への抗議活動に変わりつつあり、デモ隊の要求も増えていることから、混乱が収束する見通しは立ちません。(13日17:58)

最終更新:8/13(火) 22:50
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事