ここから本文です

台風10号、記録的大雨のおそれ

8/14(水) 19:23配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 台風の今後について、森田正光気象予報士の解説です。

 四国では、15日の明け方ぐらいに暴風域の中に入って、どうやら15日昼頃、上陸しそうな感じです。

 雷レーダーで見ていただきますが、九州から四国、紀伊半島、東海地方、広い範囲で雨が広がっています。この雨はさらに強まる予想です。

 今後の進路です。北へ進んでいって、15日の昼頃、四国に上陸して西日本を縦断、そして、日本海から北海道の方に向かうと、ですから、大きな影響は避けられないという状況になっていますね。

Q.上陸後はスピードアップするわけですか?
 上空の偏西風に乗れば多少は速くなると思います。

Q.熱帯低気圧に変わる予定はないのですか?
 多分、抜けてからだと思います。ぐるぐる回りながら、特に台風が来る前から雨が紀伊半島とか四国の一部では強く降ります。量的に、トータルでは1000ミリを超えるような雨、大変な雨ですね。上陸は8月15日を調べると、結構ないんですよね。だからお盆台風という言い方をしてもいいかもしれません。予想雨量は、四国は1000ミリ、東海700ミリ、近畿・九州北部500ミリということで、特に大雨に対して厳重な警戒が必要だと思います。

Q.風と海の状況も、もちろん含めて心配と?
 風も30メートルぐらい今吹いていて、瞬間的には恐らく40メートル近い風が吹くところもあると思います。(14日17:56)

最終更新:8/14(水) 20:21
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事