ここから本文です

iPhone11など3機種発表

9/11(水) 5:41配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 アメリカのIT大手アップルがiPhoneの新しいモデル「iPhone11」など、あわせて3機種を発表しました。

 カリフォルニア州クパチーノのアップル本社で、10日午前に開かれた発表会。最も注目が集まったiPhoneの新モデル「iPhone11」など3機種がお披露目されました。

 このうち上位モデルの「iPhone11 Pro」と「iPhone11 Pro MAX」は超広角、広角、望遠の3つのカメラを搭載していて、人工知能を使った写真の補正機能も強化されています。

 「iPhone11の上位機種は超広角に撮影できるのが特徴です。撮影中に調節もできます」(記者)

 価格は廉価版の「iPhone11」は7万4800円から、上位モデルは10万6800円からで、日本での予約は今月13日から、販売は今月20日からです。

 また、アップルは100以上のゲームが楽しめる「アップル・アーケード」を今月19日から、動画配信サービス「アップルTV+」を11月1日から始めると発表。いずれも月額4ドル99セント、600円で、100か国以上が対象です。動画配信事業では後発ですが、競合するネットフリックスなどよりも価格を抑えることで、一気に顧客数を伸ばす目論見のようです。

 「スマートフォンも進化しにくくなっているところもある。コンテンツに力を注ぐことで収益を上げていくような戦略になっているかと思う」(ITジャーナリスト 石川 温 氏)

 世界のスマートフォン市場でiPhoneの販売にはかげりが見え始めていて、アップルはハードウェアの販売だけでなく、動画配信などのサービス事業でも稼げる収益構造の転換を進めています。(11日08:31)

最終更新:9/11(水) 15:52
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事