ここから本文です

堺“あおり運転”、殺人罪で2審も懲役16年

9/11(水) 13:15配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 あおり運転で、殺人罪が改めて認定されました。

 判決によりますと、無職の中村精寛被告(41)は去年7月、大阪・堺市で、バイクで追い抜かれたことに腹を立て、あおり運転の末に追突して、大学生だった高田拓海さん(当時22)を死亡させました。

 弁護側は運転ミスを主張していましたが、大阪高裁は「被害者に衝突すれば死ぬかもしれないと思いながら、あえて衝突させた」として、一審と同じく殺人罪を認定し、懲役16年を言い渡しました。(11日11:46)

最終更新:9/11(水) 20:09
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事