ここから本文です

自民・二階幹事長、憲法改正「党を挙げて努力」

9/12(木) 3:04配信

TBS News i

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 自民党の二階幹事長は党役員人事を受けた初めての記者会見で、憲法改正について「総裁の意向に沿って党を挙げて努力を重ねていく」と強調しました。

 「安倍総裁は、かねてより憲法改正に非常に意欲を持っていましたが、総裁のご意向に沿って、党を挙げて憲法改正に向けて努力を重ねてまいりたいと思っています」(自民党 二階俊博幹事長)

 二階幹事長はこのように述べ、憲法改正に党を挙げて取り組む姿勢を強調するとともに、「国民がいかに考えているかということに対して、謙虚に耳を傾けながら進めていきたい」と述べました。

 また、再来年9月に自民党総裁の任期を迎える安倍総理が、党則で定められた連続3期を超え、4選目に向かうかどうかについて、二階氏は、「総理が、まだ決意を表明したわけではない」と前置きしたうえで、「決意を固めたときは、国民の意向に沿う形で党を挙げて支援をしていきたい」という考えを示しました。(11日18:47)

最終更新:9/12(木) 3:04
TBS系(JNN)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事